015】妊娠全期間中: ₀₃₎妊娠糖尿病

糖尿病(妊娠中)

妊娠したら、妊娠初期と中期に、糖尿病が有るか無いか、最低2回は血液検査します。その結果Ⓐ~Ⓑが見つかる事があります。

妊娠糖尿病(妊娠中に一時的に糖尿病に近い状態になっていることがあります)
本当の糖尿病

◉もともと糖尿病がある方が妊娠する場合もあります。

 

妊娠糖尿病(妊娠中に一時的に糖尿病に近い状態になっている)
🌻妊娠が終わると殆どの方は正常になります。
🌻産後2∼3ヶ月で、糖尿病の有無を再検(75gブドウ糖負荷試験)します。
🌻中年以降に、本当の糖尿病になる事があります。


妊娠糖尿病
糖尿病がある方は
🌷血糖やHbA1c(グリコヘモグロビン)が高値になります。
🌷定期的に血液検査して、血糖やHbA1cを調べます。
🌷血糖やHbA1cが正常範囲になる様にカロリー制限したり、体重増え過ぎに気をつけます。
🌷明らかな糖尿病の方がある方は、血糖自己測定(1日4~7回)やインスリン注射(毎日)することがあります。
🌷血糖目標値: 食前血糖≦100㎎/㎗、 食後2時間血糖≦120㎎/㎗

 

妊娠中に糖尿病(高血糖=血糖値が高い)があると、各期の応じて、下記が起こりやすくなります。
🌳妊娠初期: 奇形(中枢神経系、脊椎、心臓、胃の位置)、流産
🌳妊娠中期~後期: 胎児死亡、妊娠高血圧、羊水過多
🌳分娩時: 巨大児、難産、帝王切開、肩甲難産(児頭は出たが肩が出ない)

➽➽➽妊娠中(できるだけ妊娠前から)血糖やHbA1cの値を正常にしておくと、上記は起こりにくくなります。

 

ガイドライン産科編’17、  産婦人科研修の必修知識2016-2018、  流産のすべてH29(日本産婦人科医会)、

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………..

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*