50】不妊: ₀₅₎不妊の検査一覧

 不妊の検査一覧 
基礎体温測定
基礎体温を少なくも1~2カ月つけていただき、排卵の有無、排卵の良し悪し、排卵があった場合排卵日がいつ頃あったのか、又卵巣の働き等を調べます。

超音波検査
子宮や卵巣の大きさや形が正常かどうかを調べます。又卵胞が発育してきているか、あと何日位で排卵しそうか、診ます。

採血(ホルモン検査)
生理中または生理直後に採血して検査します。
★LH(黄体化ホルモン),・・・卵巣働かせるホルモン
★FSH(卵胞刺激ホルモン)・・卵巣働かせるホルモン
★PRL(乳汁分泌ホルモン)・・・産後でない方でも,間違って乳汁分泌ホルモンが多い方がいます。
★E₂(女性ホルモン)、
★T(男性ホルモン)、・・・女性でも男性ホルモンは多少あります。多いと異常です。
★TSH(甲状腺刺激ホルモン),FT₃(甲状腺刺激ホルモン)、FT₄(甲状腺ホルモン)、・・・甲状腺異常が有ると排卵が悪くなることがあります。
★AMH(抗ミューラー管ホルモン)・・・卵巣の予備能(予備的な排卵する力)を調べます。AMHだけは保険がきかず自費で13000円かかります。

性感染症(クラミジア、淋菌)の検査:クラミジアや淋菌がいると卵管の通過障害や卵管周囲の癒着等が起こるので、いるかいないか検査します。現在いるかどうか又過去に感染したことがあるかも検査します。

子宮卵管造影:(50】不妊:₀₇₎子宮卵管造影に詳述してます
子宮内腔の形や卵管の通過性(卵管が詰まっていないかどうか)を検査します。
✿子宮卵管造影検査をすると卵管の通過性がよくなり検査後6か月以内に妊娠することが多いです。
 

精液検査
★精子の数が正常か(精子がいるか、少なくはないか、全くいないのか)調べます。又
★元気良く動いている精子(運動精子)の割合(精子運動率)は正常か、等を調べます。

頸管粘液検査
★頸管粘液は子宮口から出て、つららの様に、鼻水の様に垂れ下がっています。
★排卵日の2~3日前から、急に増えます。排卵が終わると急に消失します。頸管粘液量が増えてくると排卵に近いです。又
★排卵の2~3日前から、頸管粘液の性状は鼻水の様に透明でサラサラ水っぽくなります。
★増えてきた頸管粘液の中に精子が入り込んで子宮内に上昇して行きます。
★頸管粘液量が十分出ているか検査します。


性交後精子上昇試験
(フーナーテスト):
排卵日の2~3日前から子宮口から頸管粘液の分泌が急に増えます。増えてきたときに性交して翌日来院していただきます。頸管粘液の中に精子が入り込んで上昇してきているか調べます。精子が上昇してきていれば正常です。

 

以下は「あと何日後に排卵するか」を知る為の検査です。

 卵胞径を超音波を使って測定して、排卵日を予測します。(かなり正確に予測できます)。
★生理直後の卵巣の中には、直径数ミリの小さな水の入った風船の様な卵胞が多数あります。各卵胞内に卵胞液と卵1個が入っています。
★その卵胞の内の1~2個が排卵日に近づくにつれて成長して大きくなります。
★卵胞の直径が20㎜以上になると、あと2~3日以内に破裂して卵胞内の卵胞液と卵が出てきて排卵します。
★つまり卵胞径の大きさで、あと何日後くらいに排卵しそうかわかります。
          

尿中LHを測定して、排卵日を予測します。(かなり正確に予測できます)。
★排卵の直前になるとLH(卵巣刺激ホルモン)が一時的の多量に分泌されます。尿中にもLHが出てきます。
★尿中にLHが出て尿中LH陽性になると排卵直前なので、その日の夜か次の日の夜には性交して下さい。

図はメルクセローノ小冊子(日本IVF学会監修)


頸管粘液検査
:(前記と同じです)
★頸管粘液は子宮口から出て、つららの様に、鼻水の様に垂れ下がっています。
★排卵日の2~3日前から、急に増えます。排卵が終わると急に消失します。頸管粘液量が増えてくると排卵に近いです。又
★排卵の2~3日前から、頸管粘液の性状は鼻水の様に透明でサラサラ水っぽくなります。

子宮内膜の厚さや状態を超音波で観察します。
★生理直後の子宮内膜は薄く、排卵に近づくにつれて厚くなります。子宮内膜が厚くなると排卵に近づいていることがわかります。又
★排卵日に近づくと子宮内膜に透明感があります。又
★3層に、おなります。排卵が終わると子宮内膜はスリガラス様になり1層になります。


 

フェリング小冊子(慶応大学客員教授,田邊,監修)、 メルクセローノ小冊子(日本IVF学会監修)…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………….