06】分娩時: ₀₄₎緊急帝王切開が必要となる場合は、

緊急帝王切開が必要になるケースは、基本的には(多いのは)下記2つです。
1、胎児仮死(胎児機能不全)胎児の状態が急に悪くなった為、すぐに娩出しなければならない。産道を通って出てくるのを、ゆっくり待っていられない。😰

2、分娩停止(胎児下降障害)強い陣痛が来ているのに、胎児が全く下降しない。😣

 

緊急帝王切開が必要となる,その他の場合、

3、胎盤早期剥離:胎盤が早くはがれ始めた時。(強い異常な下腹部痛や異常な出血があります)💣

4、微弱陣痛:陣痛促進剤を種々使っても、十分な陣痛が起こらず、分娩が進行しない。🐌。

出血:分娩進行中に出血が多い💣

6、妊娠高血圧:分娩進行中に母体が高血圧になり母児とも危険な状態になった時。💣

 

一度帝王切開すると子宮に傷ができるので、次の出産も帝王切開になります。帝王切開は開腹手術なので、出血や合併症のリスクがごく僅かですがあります。0ではありません。又多少余分に費用が掛かります。その為できるだけ帝王切開は避けたいところですが、上記の状況がある場合は、母子を救うため帝王切開をせざるを得ません。
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………..