03】妊娠中期: ₁₇₎リンゴ病(妊娠中)

リンゴ病(妊娠中)

感染ルート:同居者や職場で感染することが多いです。
免疫が既にある方には感染しません:成人では75%の方が既に免疫を持っています。

🍎症状:
風邪症状、
紅斑(斑点様の発疹)が全身にできます。
小児での紅斑の出方は、両頬がリンゴの様に赤くなります。上下肢がレース模様に赤くなります。小児では幼児から小学生がかかりやすいです。
 図は【子供の病気とその診かた,イラスト見せ説明】金子,15より

関節痛。

⦿感染して2週間後に症状が出ます。⦿しかし感染しても1/4の方は無症状です。

 

🍎検査:感染したかどうかは、採血して、PB19-IgM、を調べます。

 

🍎胎児感染:
お母さんがリンゴ病になると:
40%が、胎児にも感染(胎児感染)します。

胎児感染は:多くの場合、母体感染後8週間以内に起こります。

胎児感染があると:
胎児感染した児の5~10%に、胎児水腫(胎児が浮腫)が起こります。胎児水腫があるかどうかは超音波でわかります。
胎児貧血(超音波でわかります)が起こることがあります。
胎児死亡が起こることがあります。

⦿胎児感染があっても1/3は自然に良くなります。

胎児死亡率:妊娠20週未満の感染では、妊娠20週以降の感染に比べ、胎児死亡率が高くなります。

胎児感染しても、良くなった後は、その後の経過は、未感染だった児と、特に変わりはありません。変わりなく問題なく育ちます。                                                     産科ガイドライン2014   【子供の病気とその診かた,イラスト見せ説明】金子,15
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………..………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………