03】妊娠中期: ₁₁₎母、妊娠中の体重の増え方、推奨体重増加量、体重の戻り方

母の推奨体重増加量

分娩までにどのくらい体重が増えたら良いのか、推奨体重増加量は、妊娠前の体型によって異なります。

推奨体重増加量とは、「そこまで増えて良い」という限界の体重ではなく、「そこ迄増えることを推奨します」という体重です。全員がピッタリそこまで増えるわけではありませんから、大体その近辺ならOKということになります。


深谷市の母子手帳p64を参考にしてください。

 

まず妊娠前の、BMI(肥満度とか体型を示します)を計算します。

BMI=体重(kg)÷身長(m)²    この式で計算します。 

例 : 体重50㎏、身長1.52mの方は、BMI=(50)÷(1.52)²、(BMI=50÷1.52÷1.52でも構いません)。BMI=21.6で、下記の「普通」体型に相当します。

 

 

推奨体重増加量 39週までの推奨体重増加量

🌴BMI<18.5 :        低体重(やせ) 
やせ型の方は、妊娠39週迄に、12㎏の増加が推奨されます。

★★痩せの方は十分体重増加した方が良いです。痩せの方は特に十分体重増えないと、胎児発育不全になり低体重児ができやすくなります。

 

🌴18.5≦ BMI <25.0 : 普通      
普通の体型の方は、妊娠39週迄に、7~12㎏の増加が推奨されます。

普通の体型の方の中でも、
肥満に近い(BMIが25.0に近い)方は7㎏
痩せに近い(BMIが18.5に近い)方は12㎏、の増加が推奨されています。

 

🌴25.0≦BMI :            肥満 
25.0≦BMIは、軽度肥満です。この方は、妊娠39週迄に、約5㎏の増加が推奨されます。

30.0
≦BMIは、中等度肥満、更に少ない体重増加が推奨されます。
35.0≦BMIは、 高度肥満です、更に更に少ない体重増加が推奨されます。体重は殆ど増えなくても良いくらいです。

            深谷市母子手帳p64

 

 

 グラフは母子手帳より 

★★妊娠中の体重の増減が異常発見の手掛かりにもなります。
普段の体重を0として、その後の体重の増減を記入します。

妊娠中の体重増加曲線。体重の増え方をグラフに記入します。ピッタリ推奨体重通りに増えるわけではありませんから、かなり前後しても大丈夫です。推奨体重より極端に外れると困ります。

 

 

🙋🏻体重が増え過ぎると、
1)巨大児ができやすい、
2)産道が硬くなり難産になり易く帝王切開にもなり易い、
3)体重増え過ぎていると帝王切開もやりにくいし、手術による合併症おきやすくなります。
4)妊娠高血圧も起こりやすくなります。

 

🙋🏻体重の増え方が悪いと、胎児発育不全となり、低体重児ができやすくなります。特にやせ型のお母さんの場合小さな児ができやすいです。

 

                                            
体重増えすぎて困る場合は
カロリーを制限します。 運動⛹では、なかなか体重減りません。

 単なるカロリー補給🍟🍰🍩🌭🍔🍬🍞🍚🍙🍝はしない、又は単なるカロリー補給目的の食べ物は控えます(ポテトフライ、ポテトチップス、菓子パン、ケーキ、クッキー、カップラーメン等は単なるカロリー補給です。)
例えば、「カップラーメン1杯330Kcal」は、「納豆100Kcal×2個、卵80Kcal×2個」とほぼ同じカロリーです。

朝食と昼食は十分食事をとって良いですが、夕食控えめに、9時以降は食べないか食べるとしてもわずかに夜食も食べないか食べるとしてもわずかに

        【食品80キロカロリー,ガイドブック】’07、【MaternityTextBook】’16、【カロリー早わかりBook】’14   

低カロリー、高蛋白、無~低糖質、無~低脂肪乳の食品については、次の03】妊娠中期:₁₀₎体重が増え過ぎて困る時の食事を御参考にしてください。

 

産後の体重の戻り方(減り方)
出産直後は、4~5㎏すぐに減ります。
産後1か月健診時には、出産直前から比べ5㎏位減ります。
それからは徐々に減って産後6か月くらいで妊娠前の体重に戻ります。
産後、体重の戻り方が悪い方がいますので御注意ください。

       深谷市母子手帳p64
……………………………………………………………………………………………………………………………………….……………………………………………………………………………………………………………………………………….……………………………………………………………………………………………………………………………………….……………………………………………………………………………………………………………………………………….……………………………………………………………………………………………………………………………………….