50】子宮癌: ₀₁₎子宮頸癌(初期症状)、子宮体癌(必要な方)、検査法、結果

子宮頸癌(初期症状)、子宮体癌(必要な方)、検査法、

🍇🍇子宮癌には、子宮頸癌と子宮体癌があります。
🍇子宮頸癌:子宮頸部にできます。20~30~40才の様な若い方に多いです。
🍇子宮体癌:子宮体部にできます。更年期以降の方に40~50~60才以降に多いです。

🍇🍇普通に「子宮癌検査」というと、細胞診を行います。
🍇細胞診では、子宮頸部や子宮内膜の表面を擦って細胞を採取して、顕微鏡で癌細胞の有無を検査します。

 

 

【子宮頸癌】のできる場所
🍇初めは子宮頸部の上皮(薄皮内)にできます。進行すると奥の筋層内に次第に浸潤していきます。

検査方法:
🍇綿棒やヘラ(サイトピック)やブラシで子宮頸部の上皮を擦って、細胞を採取し、ガラスの上の擦り付け、顕微鏡で癌細胞の有無を検査します。

 

 

【子宮体癌】のできる場所
🍇初めは子宮体部の子宮内膜にできます。進行すると奥の筋層内に次第に浸潤していきます。
🍇子宮体癌は子宮内膜にできるので、別名、子宮内膜癌とも言います。

検査方法:
🍇
子宮内に細いブラシを挿入して子宮内膜を擦って、細胞を採取し、ガラスの上に擦り付け、顕微鏡で癌細胞の有無を検査します。
🍇稀にブラシが挿入しにくいことがあります。その場合はその日は無理をせず、後日、再度挿入を試みます。

 

 

細胞診の結果:
🍇2週間後には出ています。電話で結果を聞いても良いし、来院していただいても良いです。
🍇結果に詳しい説明が必要な場合には電話では説明しきれないので来院していただくようになります。

~~~~~~~~~~~~~

🍍子宮頸癌の初期症状:
🍍超初期では無症状です。少し進行して来ると、初期症状として性交後出血が起こります。
🍍子宮頸癌は、子宮頸部の上皮の中にできます。つまり性交してぶつかるところにできるので、初期症状として性交後出血が起こります。

 

🍍子宮体癌検査が必要な方:
閉経後の不正出血がある方
超音波検査で子宮内膜が異常に厚い方(特に閉経後の方で)
その他、子宮体癌になりやすい方。(肥満、未産婦、糖尿病のある方)

 

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………