04】妊娠後期: ₁₂₎NST(ノンストレステスト)(赤ちゃんが元気かどうか)

NST(ノンストレステスト):

🙎🏻🙍🏻胎児の心拍数をモニターし、グラフ上に記録し胎児は正常(元気)かどうかCheckします。

 

胎児の心拍数は、通常1分間140です。
胎児の心拍数が1分間110~160の間にあれば正常(元気)です。
グラフが、中央の110~160の間(緑色の部分)で書けていれば胎児の状態は正常です。

胎児の心拍数は、1分間140ですが、よく見ると、心拍数に常に6~25/分の幅で細かく変動(細変動)しています。細変動がある時は、胎児の状態は正常(元気)です。
細かな脈拍の変動(細変動)は、グラフ上では細かいギザギザに見えます。

胎動があると、胎児の心拍数は走った後の様に一時的に増加します。
胎動に伴って胎児の心拍数の一時的な増加がある時は、胎児の状態は正常(元気)です。
グラフ上では、胎児心拍数の一時的な増加は、トンガリのように見えます。

 

😊👩🏻NST(ノンストレステスト)でが良ければ、胎児は正常(元気)で「1週間以内の胎児死亡は非常に少ない」、と考えます。 
胎児の状態が心配な場合は、NSTを毎日~1日おきのように頻回に行うこともあります。 

産婦人科ガイドライン’14 

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………