04】妊娠後期: ₀₅₎前回帝王切開は今回も帝王切開(帝王切開後の経膣分娩)

 前回帝王切開は今回も帝王切開
(帝王切開後の経膣分娩は可能か?)

以前に帝王切開(帝切)したことがあると子宮に傷がついています。その為経膣分娩させると、無視できない頻度で、前回の子宮切開創が開いて、子宮破裂が起こります。

<前回の帝切>

 

 

<今回の経膣分娩で前回の子宮切開創が破裂>

★子宮破裂の頻度1人/200人、

★児死亡1人/200人、

★仮死状態で生まれる児1人/50人、

★★★★子宮破裂の創から腹腔内へ多量に出血した場合、分娩の途中や分娩直後に、母体救命の為に子宮摘出術まで必要になる事があります。

その為、基本的に陣痛が始まる前に、日を決めて帝王切開で娩出することが多いです。世界的に見ても「前回帝切は今回も帝切」が多いです。

 

~~~~~~~~~~

 

「前回帝切で今回経膣分娩を試みても良い」時の条件制約が多いです)

🌹子宮破裂の頻度:1人/200人、児死亡率:1人/200人なので、言い方を変えると199人/200人中は問題なく生まれるわけなので、前回帝切の妊婦様を経膣分娩させても問題なく生まれることも多いです。

🌹以下の条件がそろっていれば、経膣分娩を試みても良いことになっていますが・・・。
帝王切開の経験が1回だけ、

前回の帝切の子宮切開創が横切開、

児が骨盤を通過できそう、

帝切以外には子宮を傷つける手術した事が無い、

常時、医師、麻酔医が待機していて、緊急帝切に対応できる状態にある事
🌹常時産科医、麻酔医が待機して母児に異常が発生した時に30分以内に超緊急帝切をして娩出するよう努めますが、30分以内に超緊急帝切をして娩出すること自体が、かなりの周到の準備(無痛分娩の時に使われるのと同じ硬膜外麻酔を予め入れておくとか)と高度な技術が必要なので、難しい事です。
🌹実際には、異常発生した時に、たとえうまく30分以内に帝切して娩出できても、間に合わないことがあります。その様な緊急帝切も間に合わない急変もあります。
🌹実際には、産科医が一人の妊婦様に付きっきりで監視していられない、特に夜等の時間外では目が届きにくくなります。
🌻帝切したことがある妊婦が経膣分娩を試みて成功するのは50~70%。分娩途中で子宮破裂兆候や胎児仮死の為、急遽帝切に切り替わることが30~50%あります。

妊婦が経膣分娩の危険性を承知の上、経膣分娩を希望している場合

 

結論を言うと、前回帝切を今回経膣分娩をTryすることは、制約が多い上、リスクを覚悟しなければならないので、実際にはかなり難しいです。

 

🌹🌹🌹前回帝切で、今回経膣分娩を試みて、万一子宮破裂が起こると、
a)児が死亡した上、
b)腹腔内の多量の出血の為、子宮全摘出術までも必要になることがあり、

起こったら悲惨な状態になります。

🌹🌹🌹
★子宮破裂の頻度:1人/200人、
★児死亡率:1人/200人、
★仮死状態で生まれる:1人/50人、

問題が起こる確率は、低く見えますが、起こったら悲惨な状態になります。

 

【ガイドライン産科編’14】,       【臍婦人科研修の必修知識’13】

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………….